鍼灸師について

呉育誠

呉育誠 鍼灸師 プロフィール
昭和24年生
6歳から父に医学の勉強を受け、中国では10年以上の医者の臨床実績あり。
臨床実績の中には、動脈閉塞、手首を切断しなければならない位の症状や20年以上リンパが腫れる、つまり象足の様になる症状も、漢方とはりで治しました。
昭和62年
来日
平成11年
鍼灸師免許取得
平成11年
世明堂鍼灸院開業
今に至る
父の経歴
呉水濱氏(呉育誠鍼灸師の父) 略歴
中華民国23年
(1935年)
政府より中医師証明書を発行される(中医師は、漢方医学、漢方整形外科、鍼灸師の資格を含み、この年初めて発行された)
以後、中国で医療に従事。
1952年
上海市中医学会 会員となる。